ア行の選手




  青木孝太 Aoki Kota
 

 1987/4/27生 176a/67` 
初出:− 初G:−

野洲高−06ジェフ−09岡山−10ジェフ

高校選手権優勝を決めた野洲高のエースストライカー。選手権直後のU-19にも選出。王子様キャラで観客動員にも貢献か!?

 

  青木良太 Aoki Ryota
 

 1984年8月19日 181a/73`

市立船橋−−03〜07G大阪−08ジェフ

ガンバではサイドバックでの起用が多かったが、本職はセンターバック。メンバーを固定する西野采配の中でもポイントポイントで交代出場しており、才能の片鱗を見せた。生まれは大阪だが、育ちは千葉で、市船出身。U-16、17、21での代表経験あり。

 

 秋葉忠宏 Akiba Tadahiro
 

 1975/10/13生 173a/68` 
初出:94/11/19 初G:95/11/18

市立船橋−94〜96ジェフ−97福岡−98C大阪−99〜04新潟-05〜06徳島−06〜08草津−09〜10SC相模原

アトランタ五輪にも出場したDF/MF。ジェフを出た後はなかなか実力を出し切れずチームを転々としたが、新潟を経て05シーズンは徳島、06シーズンは草津へ。2010年、SC相模原でのプレーを最後に現役を引退。

 

  新居辰基 Arai Tatsunori
 

1983年12月22日生 172a/65`
初出:00年00月00日 初G:00年00月00日

札幌ユース−02〜04札幌−04〜05静岡FC−05鳥栖−07〜09ジェフ−10湘南

自らの不祥事により、一時期は地域リーグでプレーしてきたが、鳥栖では2年連続J2日本人得点王。日本代表も、という声が聞こえる中、ジェフへ移籍。ジェフが欲しかったスピードで勝負する感覚系FWです。

 

  安里光司 Asato Koji
 

 1987/10/14生 174a/70` 
初出:− 初G:−

那覇西高−06ジェフ−08FC琉球

人呼んで姉崎のアンリ。那覇西は選手権では早々に敗退したものの、総体では準優勝。そのチームで10番、キャプテンをつとめた逸材だけに、期待大。08年からはトルシエが総監督を務める地元FC琉球へ。

 

 阿部勇樹 Abe Yuki
 

 1981/9/6生 175a/68` 
初出:98/8/5 初G:99/4/10

ジェフユース−98ジェフ−07〜10浦和−10レスター・シティ(ENG)

ジェフの未来を支える、文字通り生え抜きの選手。98年に二種登録として初出場、99年は高校生ながら公式戦全出場と格の違いを見せた。アテネ五輪代表を経て、05年、ついに日本代表に。

 

 

No.5 アレックス ALEX Antonio De Melo Santos

 

1983/4/16/生 172a/69`
初出:02/8/1 初G:02/8/31

96-01クルゼイロ−02川崎−03-07福岡−08柏−09〜10ジェフ−11鹿島

ドリブルが得意な運動量豊富なアタッカー。レフトバックからFWまでどこでもこなす器用さは、ターンオーバーを布くミラーの戦略の鍵になるかもしれない。日本での生活は8年目になるため、日本語はペラペラだとか。ちなみにJFLニューウェーブ北九州には双子の兄アランが所属している。

 

 五十嵐和也 Igarashi Kazuya
 

 1965/10/24 177a/70` 
初出:93/5/26 初G:94/3/12

遠野高−古河電工−92〜95ジェフ−97〜00横河電機

サイド、センターどちらもこなすDF。ジェフ退団後は横河電機で活躍。現在は東京の成立高校にて、コーチをやってます。

 

  池田昇平 Ikeda Shouhei
 

 1981年4月27日生 180a/70`
初出:00年00月00日 初G:00年00月00日

清水ユース−00〜04清水−05広島−06仙台−07〜10ジェフ−11愛媛

各年代代表に選出され、将来を嘱望されたDF。広島、仙台へのレンタルを経て、ジェフへ完全移籍。スピードにはやや欠けるものの、対人能力は高いストッパータイプ。

 

 井坂鉄平 Isaka Teppei
 

 1974/10/23生 184a/67` 
初出:94/10/19 初G:−

94〜96ジェフ−97〜98水戸

多少細さはあったがフィジカルに優れ、将来を期待されたが、ケガ(というか事故。田口め……)によりその将来を奪われる。順調にいけば今頃……。

 

 石川 研 Isikawa Ken
 

 1970/2/6生 182a/75` 
初出:95/9/13 初G:−

95〜96名古屋−97〜99仙台−00水戸−03ジェフ

低年齢化が進むGK陣を支えるべく今季(03)加入したベテランGK。J1での出場は少ないが、仙台から水戸へと各チームでゴールを守った。03シーズン限りで現役を引退。

 

 市原充喜 Ichihara Mitsuki
 

 1986/01/31生 180a/72`
初出:− 初G:−

東京学館高−04〜09ジェフ−10新潟シンガポール

ICHIHARAオブICHIHARA。チームの象徴となる選手になるように期待。元々FWだが、右サイド、ストッパーとして成長中。

 

 伊藤和麿 Ito Kazuma
 

 1976/7/11生 181a/76` 
初出:- 初G:−

読売ユース−V川崎−98ジェフ

ヴェルディからレンタルで獲得。腰痛のため引退したが、03年、その経験を生かし、「痛みと歪みを治す 健康ストレッチ」という本を執筆。

 

  伊藤淳嗣 Ito Atsushi
 

 1983/9/24生 180a/73`
初出:− 初G:−
明治大−06ジェフ−09栃木FC−10S.A.I市原サッカークラブ

松ヶ枝の後輩に当たる明治大出身のボランチ。ジェフではもっとも層の厚いポジションゆえにスタメンを確保することができず、09シーズンから栃木FCへ完全移籍。

 

  乾達朗 Inui Tatsuro
 

 1989年8月24日 170a/60`

ジェフU-18−08〜09ジェフ−10新潟シンガポール

高田と共に3年ぶりのユース昇格選手。左利きで攻撃的なポジションを得意とする。U-17代表候補。

 

 井上公平 Inoue Kouhei
 

 1978/10/5生 174a/67` 
初出:97/7/5 初G:97/7/19

ジェフユース−97〜99ジェフ−00〜01新潟−東京佐川

ジェフユース出身。左の栗原、右の井上、というコンビで出場していたのが印象的。

 

 井上雄幾 Inoue Yuki
 

 1977/10/31生 173/62 
初出:98/9/5 初G:00/11/16

横浜Fユース−96〜98横浜F−99〜01ジェフ−01佐川急便SC−02〜04山形−05〜08甲府−09栃木−09TDK(→秋田)

エンゲルスと共に横浜Fからやってきた。愛称はディッキー。

 

 井幡博康 Ibata Hiroyasu
 

 1974/6/25生 176a/71` 
初出:00/3/18 初G00/8/5

室蘭大谷高−94〜95名古屋−96〜99本田技研−00〜01ジェフ

JFL本田技研から見つけだした「掘り出し物」。Jでも得点力の高さを見せつけてくれた。

 

 ヴァンチャ Robert Vancea
 

 1976/9/28 179a/79` 
初出:− 初出:−

ユニバシタート・クライオバ(ROM)−99ジェフ

ザムフィール監督が母国より連れてきた若い選手。正直助っ人として実力を発揮したとは思えない……。

 

 上村崇士 Takashi Uemura
 

 1973/12/2生 191a/86` 
初出:94/6/15 初G:99/4/10

92〜94横浜F−95〜96神戸−97〜98鳥栖−99川崎F−00C大阪−01〜02ジェフ

通称ジャンボ。その名の通り、歴代所属選手の中で一番背が高い。頭だけでなく、スピード・テクもなかなかのもんだった。退団後はジェフレディースの監督に。

 

 浮氣哲郎 Uki Tetsuro
 

 1971/10/4 177a/72` 
初出:97/5/17 初G:99/5/16

東京学芸大−94〜96東京ガス−97ジェフ−98東京ガス−99〜00大宮−01山形−02〜03大分−04湘南−05横浜FC−06〜07FC刈谷

JFL東京ガスでの活躍を認められてジェフに移籍するも、チームになじめず退団。その後、大宮、山形でキャプテンシーを発揮し、移籍先の大分で昇格に尽力する。湘南、横浜FCを経て、JFLのFC刈谷の監督に。

 


 内田耕平 Uchida Kohei
 

 1980/4/15生 168a/59` 
初出:− 初G:−

ジェフユース−99〜00ジェフ−グアラニ(BRA)−京セラ川内

いろいろと巡り合わせが悪く、ジェフで活躍できなかった。ブラジル、パラグアイを経て、今は京セラ川内の中心選手に。

 

 江尻篤彦 Ejiri Atsuhiko
 

 1967/7/12生 178a/70` 
初出:93/5/16 初G:93/5/22

清水商高−明治大−古河電工−92〜98ジェフ

長きに渡って古河−ジェフの中盤を支えた名バイプレーヤー。引退後はご存じの通り、ジェフのコーチとして活躍。現役時代には考えられなかった叱咤を選手たちに飛ばす。05年、自分の力を試すためにあえてジェフから出て新潟のコーチ、そして日本代表のコーチへ。ほかのチームから監督としてのオファーがある中、09シーズンからコーチとしてジェフへの復帰が決定。ミラー解任後監督に就任するが、J2降格、さらに2010年シーズンには昇格を逃し解任となる。2010年U-15日本代表コーチに。

 

 越後和男 Echigo Kazuo
 

 1965/12/28生 171a/66` 
初出:93/5/29 初G:93/7/24

四日市中央工高−92〜95ジェフ−96〜99仙台

江尻さんと同様、古河−ジェフの中盤を長きに支えた選手。現在は派遣先(笑)の仙台でコーチ業を経て、07年からジェフリザーブズの監督に。2010年からは仙台のユースコーチに。

 

 太田昌宏 Ota Masahiro
 

 1970/4/28生 185a/79` 
初出:93/8/14 初G:-

山城高−同志社大−92〜94ジェフ−95〜97浦和

関西学生選抜の選手として期待されたが、下川の壁は破ることができず。移籍した浦和でも出場機会を得ることができずに97年を最後に引退。現在は東京の成立高校にて、コーチをやってます。

 

 大柴克友 Katsutomo Oshiba
 

 1973/5/10生 174a/68` 
初出:99/3/14 初G:99/5/9

明治大−96〜99甲府−00〜03ジェフ−04仙台

J2最下位の甲府からやってきてジェフを救ってくれた選手。今でこそジェフの象徴となった「走るサッカー」を加入直後から見せていたのが印象的。新世紀のジェフの切り込み隊長。04シーズンは、かつていっしょに戦ったベルデニックが率いる仙台へ移籍。

 

 大塚真司 Otsuka Shinji
 

 1975/12/29生 179a/65` 
初出:96/3/30 初G:01/5/26

習志野高−94〜96ジェフ−97〜99川崎F−00〜03大宮−04〜05山形−06札幌

ジェフにいなかった大型ボランチとして期待されたが、5試合の出場のみ。移籍した川崎Fではチャンスをつかみ、レギュラーとして活躍。その後大宮を経て04シーズンは山形へ移籍、J2屈指のボランチに成長、06年は札幌へ移籍。

 

 岡本昌弘 Okamoto Masahiro
 

 1983/5/17生 186a/73` 
初出:− 初G:−

ジェフユース−01ジェフ

U-20にも名を連ねる若手GK。細さが気になるが、それはおいおい鍛えていけばいいだろう。

 

  奥山泰裕 Okuyama Yasuhiro
 

 1985年11月21日生 170a/62`

東北学院大−08〜09ジェフ−09鳥取

インカレのパンフレットに「東北屈指のウザさ」と書かれるほど、素早い身のこなしが特徴。国王(中島)に「カミソリ」と言わしめたスピードをJの舞台で見せてほしい。

 


 小倉隆史 Ogura Takafumi
 

 1973/7/6生 182a/75` 
初出:94/6/1 初G:94/8/13

四日市中央工高−92-99名古屋−00ジェフ−01東京V−02札幌−03甲府

永輔、一三とともに高校選手権を席巻し、かつて日本でもっとも将来を嘱望された選手だった。度重なるケガのせいでそれは適わなかったが、今でも「小倉がケガをしてなければ……」と語られる選手である。現在はコメンテーターとして活躍。意外な才能あったのね・・・。

 

 尾崎友治 Ozaki Yuji
 

 1972/6/30生 181a/75` 
初出:− 初G:−

中央大−95ジェフ−96プリマハム土浦−97〜98水戸

※コメント募集中。

Hideさん、サイズさんくすです。

 

 オッツェ Frank Ordenewitz
 

 1965/3/25生 180a/76` 
初出:93/7/24 初G:93/8/4

93〜94ジェフ−96仙台

ジェフ唯一のリーグ得点王。リティと共にやってきた元ドイツ代表の実力は誰もが認めるところ。さすがにリティとのコンビプレーは抜群だった。

 

 オラロイ Aurelian Cosmin Olaroiu
 

 1969/6/10生 187a/85` 
初出:00/7/1 初G:−

水原三星(KOR)−00ジェフ

ディフェンス強化のために、水原から急遽獲得したCB。能力は高かったが、チームへのフィットがイマイチだった。ジェフ退団後、引退。